この修復歴車の基準は1997年に自動車公正取引協議会・日本自動車査定協会・日本中古自動車販売協会連合会・自動車販売協会連合会が中心になって定められました。修復歴の判断基準は度々改正されます(*最後に改正されたのは2019年4月)。 この図は車のどの部分が修復されたり、交換されたりした場合に修復歴車となるのかを表しています。 中古車を購入するとき、クルマの状態を判断する大きな基準のひとつが「修復歴」があるかどうかではないでしょうか? しかし修復歴と言っても、どこをどのくらい修理していたら「修復歴あり」となるのかしっかり把握されていますか? 今回は意外と知らない修復歴についてご説明します。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。車の修復歴の基準や定義、見分け方をご説明。修復歴のある車とは、交通事故やその他災害で、自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるのを修復歴があるといいます。中古車など修復歴のある車の購入時の注意点もご紹介。

が定める基準、走行距離:一般社団法人日本オートオークション協議会への照会)において判明しない不適合がある では、修復歴ありとなる事故とは、どういったものなのでしょうか。 まずは、下記の図を見て下さい。 参考:一般財団法人日本自動車査定協会.
日本自動車鑑定協会(npo法人jaaa)は、一般財団法人日本自動車査定協会が定める基準に基き、修復歴に該当するクルマに衝撃エネルギーが、車体のどの程度まで伝達されたかの定義を独自に設け「軽度」「中度」「重度」で評価しております。 ご売却車両に、中古自動車取引業界における一般的かつ標準的な車両検査(修復歴:一般財団法人日本自動車査定協会.