今回は、「参照整合性」について説明したいと思います。 前回、「テーブル」の「リレーションシップ」について説明しました。 リボンの「データベースツール」タブの「リレーションシップ」グループの「リレーションシップ」をクリックします。 以下のような「リレーションシップ」が表

この参照設定がなければコンパイルエラーとなります。 ファイルダイアログを開く. Windows の[管理ツール]コントロール パネルを使用し、Microsoft Access データベースに対する ODBC 接続を設定します。 注: この演習では、前の演習で作成し修正した AnalyzeMap1.dwg マップを使用します。 Access データベースに対する ODBC 接続を設定するには Windows デスクトップで[スタート][設 …

以下のコードを標準モジュールに貼り付けます。 後は、先のフォームのフォルダ選択ボタンのクリックイベントでこのモジュールを呼び出すだけです。 コピー先データベース 新しい名前 ソース オブジェクトの種類 ソース オブジェクト名: 指定されたデータベース オブジェクトを別のAccessデータベースにコピーするか、またはカレント データベースに新しい名前を付けてコピーする: オブジェクトの印刷