2017年、我々は70台以上の車に試乗した。4気筒ターボからハイブリッド、v8まで、たくさんのエンジンを楽しんできた。燃費、性能、そしてそのバランス.....我々は様々な観点から好きなエンジンを選ぶことができる。好きな車は何か、その大部 ただしバランスシャフトは魔法のステッキではなく代償があります。クランクの動力で動くわけなので出力や燃費が犠牲になるんです。 更に重りのついた棒を一本追加するわけなので、複雑化しエンジンレイアウトへの負担やコストも増えます。 クランクやピストンの重量バランスについてのひとこと よくエンジンをオーバーホールしたついでにクランクシャフトのダイナミックバランス (動バランス)やピストン、コンロッドの重量合わせをすることがありますね。 クランク1周で2回発生する振動ですから、バランスシャフトはクランクの2倍で回転。更にバランシシャフト自体のモーメントを打ち消すために反対側にもう1本設けて逆回転させます。バランスシャフトの重さは1本約5Kg。 ボクサー6は、いわゆる「完全バランス」の直6より、さらに震動が少ないのです。 180度vは、対向するピストンが同位相で動くため震動面でボクサーに及びませんし、v6はバランスがとりにくいため、バランスシャフトを備えたものまであります。 エンジン,慣性力,v型6気筒,v6,バンク角,60度, ... クランクピンの配置は、下図のとおりである。 ... r34 gt-rもgt選手権の途中でvq30dettに載せ替えてフロント寄りの重量バランスを改善している。 メインベアリングは4個となる。
ピストンエンジンのバランス ... 2000 年 11 月 15 日 世界初の v6 エンジン搭載車が判明したので, ... v 型エンジンでは左右のバンクの対応するシリンダは同じ クランクに接続したほうが構造簡単である。 このとき、左右のバンクの位相の差はバンク角に等しい。

ちなみに、v型バンク角180度エンジンは左右バンクでクランクピンを共有しているため、左が上死点ならば右は下死点となる。 2次慣性偶力もバランスするので完全バランスである。