C#でプロセス情報を取得する方法を紹介します。. 戻り値. 説明 「Process」は使い終わったら「Dispose()」でリソースを開放する必要がありますが、「using」を使ってるので(自動で呼ばれるから)その必要はあり … 子プロセスの nswap の累計 (メンテナンスされていない)。 38: exit_signal %d : プロセスが死んだときに親プロセスに送られるシグナル。 39: processor %d : このプロセスを最後に実行した CPU の番号。 40: rt_priority %u : リアルタイム・スケジューリングの優先度。 用語「親プロセスid (ppid)」の説明です。正確ではないけど何となく分かる、it用語の意味を「ざっくりと」理解するためのit用語辞典です。専門外の方でも理解しやすいように、初心者が分かりやすい表現を使うように心がけています。 親プロセス名:ParentTest 引数: うん。引数が取れてないね。 Process.GetProcessByIdメソッドはあくまで新しいProcessのオブジェクトをくれるだけで、StartInfoまでは関連付けてくれないみたいです。 考え方を変えましょう。全部WMIから取ってきてしまえばいいのです。 Windowsでも、Linuxのpsコマンドや、killコマンドみたいなことが、できますか。 答え. ポイントは、GetModuleBaseName関数の2番目の引数(hModule)をNULLで渡すことで、プロセス名を取得できます。 #include #include #include #include // lib #pragma comment ( lib, "psapi.lib" ) /* プロセスIdからプロセス名を取得します。 getppid() は、親プロセス ID を戻します。常に正常終了します。 文書化される errno 値はありません。 Windows版JP1/AJS3 Console Managerの親プロセスおよび子プロセスの一覧を表B-8に,子プロセスおよび詳細プロセスの一覧を表B-9に示します。 なお,表中の親プロセス名および子プロセス名の後ろに記載されている値は,同時に起動できるプロセス数です。 Windows版JP1/AJS2 Console Managerの親プロセスおよび子プロセスの一覧を表B-6に,子プロセスおよび詳細プロセスの一覧を表B-7に示します。なお,表中の親プロセス名および子プロセス名の後ろに記載されている値は,同時に起動できるプロセス数です。 情報は多くないけど、状態とプロセスIDは確認できる。 tasklist コマンドプロンプトかPowerShellを起動して、以下のコマンドを実行。 ・プロセス確認.