レース用のマフラー交換ならまだしも、車検に対応していないマフラーの. 車検に合格しない場合、マフラーを交換したり、車自体を買い替えたりするのもよいでしょう。マフラーを交換する場合、部品代で約30,000円から100,000円近くになります。加えて、工賃は約5,000円かかります。 公道での使用は禁止されています。 これから厳しくなっていく一方なので、車検対応マフラーへの交換をお勧めします。 ハーレー・ダビッドソンにおススメの車検対応マフラー マフラー. もちろん、車検で騒音規制の対象となるため社外マフラーのほとんどがngとなることでしょう。 それでもハーレー特有の3拍子を楽しみたい!爆音を轟かせたい!と言う方へ、マフラー交換のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。 ノーマルマフラーのサウンドに満足できなくて、マフラーを交換するというのであれば、車検対応マフラーでは、すぐに物足りなくなることは目に見えている。 そのため、車検対応マフラーは、あまりオススメではない。 現在、正規店で車検を受けたのですが、ノーマルのマフラーしか車検を受けれないって事だったので、ノーマルマフラーに戻しました。ですが、ノーマルマフラーは嫌なので、元に戻したいのですが、当然、正規店では、やってもらえません。そ ハーレーの車検対応マフラーに交換したいけど,どこのメーカーが良いんだろ? 高い買い物して純正マフラーより少し変わった程度の音ならバカらしいし、とは言っても爆音で自宅で暖気も出来ない状態も論外だしな 低音が効いたちょうど良い車検対応マフラーはないかな? マフラー交換と車の買い替え. ハーレーの楽しみの一つはVツインの鼓動と音。 ノーマルのマフラーでは走行中には音がほとんど聞こえないのでマフラー交換している人が多い。 車検に適合する jmca(全国二輪車用品連合会)対応のマフラーも一部あるが、ノーマル […] ハーレーの開発は北米マフラーを基本として行っているので、北米マフラーに交換してもトラブルは生じません。 エンジンにとって本来のバランスのとれた排気に戻し、アメリカで販売されているハーレーのノーマルの状態に戻すとお考えください。 ノーマルのマフラーサウンドでは物足りないので、もう少しいいだけ、ハーレーらしい、いい音がする車検対応のマフラーに交換したいという人は、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応のマフラーサウンドを、どこかで聞かせてもらうといいかもしれない。 車検対応マフラー.